富士山の見える温泉旅館。富士山温泉ホテル鐘山苑公式HP

TEL0555-22-3168受付時間 8:00~20:00

宿泊日

大人(1部屋あたり)

予約確認・変更予約内容キャンセル

おなじみ様メール会員ログイン

パスワードを忘れた方

お客さま専用ダイヤル

0555-22-3168 (受付時間 8:00~20:00)

メール会員 |

交通案内交通案内

予約専用ダイヤル 0555-22-3168TEL受付時間8:00~20:00

ホーム > 鐘山苑での過ごし方 > うらろじ探訪 > 富士吉田市 べんけい

うらろじ36本目富士吉田市 べんけい

吉田のうどん屋さん探訪記(2)

富士急行線月江寺駅近くにある「西裏通り」という昭和レトロな雰囲気がまだ残っている場所をご存知でしょうか。そこはかつて富士吉田市が織物問屋街として栄えた昭和30年代の歓楽街。当時は飲食店や映画館などの店舗が軒を連ね、大変賑わっていたと聞きます。今回のうらろじ探訪では、その西裏通りで今も変わらず当時の味を提供し続けてくれるお店「べんけい」さんをご紹介いたします。

 店を構えたのは昭和28年。当時は「甘党の関所べんけい」という店名で甘味処として、お団子などの卸しや店頭販売をしておりました。そこへ嫁いできたのが、今回の取材でお話を伺った久子さん。結婚以来58年に渡り、お店を切り盛りしているべんけいのオーナーです。結婚前に料理学校へ通っていたという久子さんは、そこで勉強したことを生かして、いなり寿司やのり巻き、おでん、焼きそば、お汁粉など次々とアイデアを出し、新しいメニューとして加えていきます。記事冒頭でも触れたように、昭和30年~40年代は富士吉田市が繊維産業で大変栄えた時代。時代の流れに合わせて西裏通りも午前中から夜遅くまで多くの人で賑わい、この頃は朝7時から夜中の1時まで営業していたそう。開店と同時に店頭に並べたたくさんのお寿司が数時間で売り切れるというから驚きです。ほぼ休みもなく、商品を並べた端から売れていくような忙しさの毎日でしたが、久子さんは当時の様子を振り返りながら生き生きと語ってくれます。

 この頃は西裏通りに握り寿司屋だけでも10数軒あったそうですが、飲食店全体で見ても現在まで西裏通りで営業を続けているお店はごく限られます。長く続ける秘訣を久子さんに伺ってみると、『根性』と力強いお言葉。「他のお店が8時間営業だったら、うちはそれ以上に営業するの」、「コンビニより最先端よ」と笑う久子さん。嫁いできた当初に新しいメニューを打ち出した姿からも分かるように、"人と違うことをする"という仕事への取り組み方が今もお客様に愛されるお店へと繋がっているようです。

 そんなパワフルな久子さんは、今も変わらず午前3時半には起床し仕込みを始めるとのことで、草もちなどに使用する小豆を炊いたり、うどんの麺を打ったり・・・と全てが開店当初と変わらない手作り。手間隙がかかっている分、その味はどこか懐かしく、素朴なやさしい味です。添加物などは一切使わず、材料にもこだわりを持って吟味。"高くても良いものを"という信念を曲げず、ずっと同じ味を作り続けているからこそ、昔からのお客様にも今も親しまれているのだと思います。

<べんけいさんの主なメニュー>
・吉田のうどん 700円  
・肉うどん/そば 500円  
・きつねうどん/そば 450円 
・いなり寿司(2個) 200円  
・カツカレーライス 1,000円  
・オムライス 900円 
  
その他、たくさんのメニューがあります

昭和情緒溢れる西裏通り
明るく出迎えてくれるオーナーの深澤久子さん
お席はカウンターと座卓
様々な種類の和菓子も人気

 うどんやラーメン、定食から甘味まで豊富に揃うメニューの中で、特に人気なのはやはり吉田のうどん!!スープは醤油ベースで、出汁は昆布と鰹からとった京風のあっさり仕立てです。吉田のうどんでは珍しい癖のない豚肉を使用しており、麺は中太麺のこちらも他店とは違った柔らかめ。そして、吉田のうどんには欠かせない「すりだね」(吉田のうどんの定番薬味)がこれまた絶品です。べんけい独自のレシピで作った山椒が利いたすりだねは、食べた人から「これだけで売ってくれないか」と依頼されたほど。自称鐘山苑のうどんマイスター河野も絶賛です!(メイン画像)すりだねのみの販売は行っていないので、この美味しさはお店に来て吉田のうどんを頼まないと食べられない逸品です。そして、うどんと合わせて人気メニューなのが、いなり寿司。遠くは九州・福岡県からや東京や静岡などの隣の街からも年に数回足を運んでくれるファンもいるほど。ちょうどいい甘さで味付けされた油揚げはとてもジューシーで、何個でも食べられそう。両方食べたい!という方には、「吉田のうどんとご飯ものセット」が、お得です♪セットについてくるあずき茶も他ではなかなか飲めない珍しいお茶。テレビ番組でも紹介され、疲労回復や抗酸化作用・美肌効果など良いことずくめのお茶です。自家製で餡を作っているからこそ、提供できるお茶なので他ではなかなか飲めませんよ!

 現在は息子さん夫妻がお店の営業に加わり、ご家族皆さんでお店を支えております。最近は海外からのお客様も増えてきたため、息子さんが英語版のメニューも作成。昔から変わらないものと、時代の変化に合わせて変えたもの、その両方のバランスを上手にとりながら地域と共に歩んでいる。そんなお店の雰囲気が居心地良いです。

 今でも昭和の街並みが残る西裏通りの散策も楽しみつつ、べんけいさんでお腹を満たすのはいかがでしょうか。


2017年1月27日


※記事の内容は取材当時のもので現在とは異なる場合があります。
最新の内容につきましては、お客様ご自身でお問い合わせの上、ご利用いただきますようお願い致します。

具だくさんの吉田のうどん
いなり寿司の美味しさに、思わず顔がほころびます
英語版メニュー
吉田うどんとご飯ものセット
とっても気さくで朗らかな息子さん夫妻

富士吉田市 べんけい

山梨県富士吉田市下吉田3-21-11

TEL:0555-22-2358

営業時間 9:00~21:00
定休日 不定休
駐車場 あり

※鐘山苑から車で約10分

お客様専用ダイヤル

0555-22-3168 受付時間 8:00~20:00

ページの先頭へ