ホーム > 鐘山苑での過ごし方 > うらろじ探訪 > 富士吉田市 ふじさんミュージアム

うらろじ28本目富士吉田市 ふじさんミュージアム

今も昔も日本人に愛される富士山

富士山が世界文化遺産に登録されたことを機に、今年の4月4日にリニューアルオープンをした「ふじさんミュージアム」。リニューアルに伴い、「富士山信仰」に関する資料展示が大幅に増え、さらに深く富士山について学べる施設となりました。今回のうらろじ探訪では、今も昔も変わることなく、人々から愛される富士山について誰もが気軽に楽しく学ぶことができ、富士山の魅力を再認識できる「ふじさんミュージアム」のご紹介です。

 展示室入口にまずあるのは、"富士山との出会い"をテーマに作成されたアニメーション映像。迫力ある画像に引き付けられます。そして、次に目に入るのは金鳥居(かなどりい)。この金鳥居は富士吉田市の本町通りにあった実物(明治11年に建立されたもの)を、2分の1の大きさでそっくりに再現されたもの。この金鳥居から先が、吉田口登山道をイメージした展示通路となっており、両脇に富士山信仰の歴史や文化など、テーマごとに様々な資料を展示しています。もちろんその突き当りには富士の姿!実際の本町通りも右の写真をご覧いただくと分かるように金鳥居の向こうに富士山が見えます。

 各展示ブースにはタッチパネルモニターなどが設置されている場所もあり、触ったり操作したりしながら富士登山の今と昔の様子などを楽しく気軽に学ぶことができます。"富嶽人物百景"では、富士山に魅了された信仰者や芸術家など歴史に名を残した50名の人々について紹介されており、夏目漱石や伊能忠敬など数々の著名な人物たちが富士山とどのようにして出会い、彼らの人生の岐路にどう富士山が関わったのかを知ることができ、また"デジタル今昔絵巻"では日本橋から富士山頂へ至るまでのルートと共に各土地の今と昔の景色の違いをタッチパネル上の写真で学べます。その他、富士講と御師の資料や調度品なども多数展示されており、昔から富士の山が人々にいかに崇拝されていたのか、また、夏の開山期に富士を信仰する"富士講"と呼ばれる人々が巡礼として富士山登拝を行う際に河口や吉田へ苦労して足を運び、その富士講のお世話や指導を行った"御師(おし)"と呼ばれる人たちがどのような生活を営んでいたのか、といった富士山の歴史について深く掘り下げて勉強できます。

迫力あるアニメーション映像
2分の1の大きさで再現された金鳥居
富士吉田市内本町通りにある金鳥居
タッチパネルの今昔絵巻
大変貴重な御師の資料

 そして、この展示室最大の目玉が"ヘリテージ富士"と名付けられたプロジェクションマッピングによる最新の映像技術。富士山と山麓周辺の実際の地形を2000分の1の縮尺で精密に再現した立体模型です。そこに映し出されるダイナミックに変化する四季折々の富士山の姿は見ものです!!富士山の地質映像や、富士山が噴火した溶岩流の経路などの映像もあり、約1分間の映像に見入ってしまいます。そうした映像以外にも画面に数字が流れており、その中から好きな数字をタッチすると"世界遺産富士山の構成資産"や"富士吉田市の遺跡の数"など、富士山にまつわる8つの知られざるトピックスなどを解説する映像もあり、全てを見終わった頃には富士山についてとても詳しくなれそうです。

 富士山の起源と歴史、芸術文化との結びつき...と難しく感じてしまいそうな内容も、プロジェクションマッピングやタッチパネルなどを用いたユニークな展示を通して体験的に学べるので、お子様の学習の一環として「ふじさんミュージアム」を利用するのもお勧めですね。
リニューアルに伴い、施設のバリアフリー・ユニバーサル化や展示説目の英語併記、そして日本語と英語による音声ガイドも取り入れられ、海外のお客様にも楽しめる施設となりました。また事前に予約をすれば、ガイドによる展示案内も行ってくれます。
さらに、展示室以外にも付属施設として移築された茅葺入母屋造りの古民家や復元された富士登山の宿坊などもあり、県や市の文化財に指定された貴重な建物を見学することも可能です。(入館料無料)

  "今現在、"富士山"というと5合目を訪れたり、夏に富士登山を楽しんだり、ご来光を山頂で楽しんだりという観光や趣味で楽しむ印象が強いですが、『富士を知る、日本を知る』というこのミュージアムのメインテーマにもあるように、日本人と富士山との切っても切れない密接な繋がりとその歴史について知ってもらうきっかけを作りたい"と今回の取材で館内を案内してくれたガイドの権正さんは話してくれました。

 人々から愛され続ける富士山の魅力を余すところなく感じることができるふじさんミュージアム。毎年富士登山を楽しんでいる!という方も、一度は登ってみたいな~!と思案中の方も、より多くの方々に足を運んでいただきたい博物館です。

 館内には学習室やラウンジ、ミュージアムショップなども併設されております。春は桜の名所にもなりますし、2階のふじさんラウンジから眺める目の前にそびえたつ富士山も見事ですよ♪

御師旧外川家住宅との共通入館券
大人400円(団体320円)
小中高生200円(団体160円)

富士山レーダードーム館・御師旧外川家住宅との共通入館券
大人800円(団体600円)
小中高生450円(団体350円)
※富士吉田市民は9月末日まで無料


2015年7月12日

※記事の内容は取材当時のもので現在とは異なる場合があります。
最新の内容につきましては、お客様ご自身でお問い合わせの上、ご利用いただきますようお願い致します。

プロジェクションマッピングを使用した立体模型
茅葺入母屋造りの古民家
ガイドの権正さん(右)と清水さん(左)
エントランスロビーあるミュージアムショップ
富士山に関する書籍が豊富に揃った学習室

富士吉田市 ふじさんミュージアム

山梨県富士吉田市上吉田2288-1

TEL:0555-24-2411

営業時間 9:30~17:00
(入館は16:30まで)
定休日 火曜日(祝日を除く)/ 祝日の翌日(日曜・祝日を除く)/ 年末年始
※9月末まで無休
駐車場 有り

※鐘山苑から車で3分

公式HP
ふじさんミュージアム

お客様専用ダイヤル

0555-22-3168 受付時間 9:00~19:00

ページの先頭へ